景観を守りながら建てる|安心の国分建設に依頼しよう|唯一無二の建築技術
男の人

安心の国分建設に依頼しよう|唯一無二の建築技術

景観を守りながら建てる

つみき

二通りから選ぶことになる

日本で最も世界遺産が多いのは京都府で、さらにそのほとんどが京都市内に集中しています。景観を損なわないために京都市では建物のデザインに対してルールをかけており、このルールは当然ですが一戸建ての民家にも適応されます。ちなみに、一戸建ての家を作る場合には大きく分譲住宅と注文住宅のいずれか一方を選ぶのが普通です。分譲住宅とは、すでにできあがっている、あるいはもう少しで完成する一戸建てを購入するスタイルです。分譲住宅のメリットは工事がほとんど終わっているので仕上がりが明確にイメージできる点です。マイホームを購入したものの実際に生活をしてみたら想像と違った、といった不具合が生じるのを事前に防げるのは大きな強みです。また、京都市近郊でマイホームを作ろうとすると厳格な景観に対するルールをクリアをする必要が出てきますが、分譲住宅ならその部分をきちんと満たしているものしか市場に出回りませんからその部分を自分で考えなくて済む分だけラクです。

パートナー探しも大切です

これに対して、注文住宅は建築士の人たちを相談をしながら、文字通りゼロから自分の家を作るスタイルです。家族の希望を余すところなく一戸建てのなかに盛り込めるので完成した時の住み心地は桁違いにこちらの方がいいです。ただ、京都市で注文住宅を検討している場合には京都市の建築に詳しい設計事務所などに相談をする必要はあります。先ほど触れたように京都市には景観に対する厳格なルールがあり、それを満たしていない場合には建て直しを求められるケースもありますから、それを是が非でも防ぐためにその部分に詳しい専門家とタッグを組みたいところです。また、こちらの要望を頭ごなしに否定しない建築士を探すのも重要です。景観を守るためとはいえ自分たちの希望をすべて却下されてしまったのではせっかくの注文住宅の良さが消えてしまいますから、その部分を上手く創意工夫で乗り越えてくれるようなエキスパートを見つけ出すのも家づくりの大切な作業のひとつです。