面積は正しいか|安心の国分建設に依頼しよう|唯一無二の建築技術
男の人

安心の国分建設に依頼しよう|唯一無二の建築技術

面積は正しいか

スーツ

日高には自分の家を建てるために土地を探している人もいます。実際に家を建てる土地が日高で見つかって、購入するときには注意をしなくてはならないことがあります。その土地を購入する時の内容が公簿取引なのか実測取引なのかです。公簿取引というのは、法務局で管理されている公図の面積を基本にして取引を行うもので、実測取引というのは専門家の土地家屋調査士に土地の面積を実測してもらって取引を行うことを言います。公簿取引を行うときには実際の面積が少なかったとしても、公図の面積の代金を支払わなければなりません。実測取引の時には実際に測量を行った面積に対して代金を支払うことになります。どちらを選ぶかは購入者の判断によりますが、公図の面積が実際の面積と大きく違うこともありますので、注意をしてください。

公簿取引を日高で行うと、公図を基本にしますから契約を行った時点でその土地の購入金額は、確定してしまいます。後日に差異が生じていると判明した時でも、売買代金の精算は行うことはできません。実測取引では日高の土地の測量を行った後で代金の計算をすることになります。公簿取引を行うにしても実際に測量を行った土地の面積が、大きく異なっていたときには、売買契約の効力が問題になるときもあります。土地を購入するときには信頼ができる不動産屋さんに依頼することと同時に、公図を信頼しすぎないことも大切です。専門家に実測してもらうことで面積もわかるので、心配ならば実測を行ったうえで購入するほうが安心して取引を行うことができます。